電車内で痴漢に間違われない方法を知りたい

痴漢に間違われることって本当にあるの?

例えば込み合った電車の中でカバンが女性のお尻のあたりにあった、それが揺れるたびに当り痴漢と勘違いされたとか、電車がかなり揺れていて捕まるところがなく、女性に触れてしまう事が多かった時、痴漢に勘違いされたという事もあります。
実際に、痴漢に間違われてしまったという人は多いのです。

中には悪質な女性もいて、痴漢などされていないのに痴漢したと騒ぎ立て身分を見せろと要求し、会社にいわないでいてあげるからお金をよこせなど脅迫まがいの事をしてくる女性もいます。

全くその気がないのに、痴漢に間違われてしまうという事もありますので、込み合った電車でもなるべく女性の近くに行かない等、対策を考えておく方がいいでしょう。

痴漢に間違われないようにするために必要なこと

特に都内などは通勤通学時間帯に非常に混みあうという電車が多いです。
勤務開始時間、学校の始業時間がどこも一緒なのでどうしても電車が込み合ってしまいます。
電車業者側も本数を多くするなど対策を練っていますが、どうしようもない状態のようです。
こういう込み合った電車内では痴漢に間違われてしまうという事も少なくありません。

カバンが当たっていただけなのに、痴漢されたと周りの方にいわれてしまったら、していないのに疑惑の目で見られますし、気の弱い人は何も言えず、警察を呼ばれてしまうという事も実際あります。

痴漢に間違われないようにするためにまず必要な事は、女性の近くにいないことです。
なるべく女性のそばに立たないこと、もし押されて女性の前になってしまったら、荷物を女性に当らないほうに持ち、逆の手はつり革をつかみ、触る事が出来ない状態を示しておくことです。

紛らわしい場所に手を置くことをしない、誤解されそうな状態ならぎゅうぎゅうでも移動を考える、手がぶつかったりしたらすみませんとすぐに反応する等、痴漢等する気持ちがないという事をしっかり相手に伝えることも必要です。

スマホをもって操作していれば痴漢に間違われることはない?

スマホを扱っていれば荷物を持っているし、片手にはスマホを持っているし、痴漢に間違われることがないだろうという人がいますが、スマホは盗撮の手口に利用されることもありますので、いつも痴漢被害にあっている女性からすると疑心暗鬼になっていて、盗撮の準備じゃないの?と思われてしまう事もあります。

荷物を棚の上にあげて両手でつり革を掴んでいるということが痴漢に間違われないための一番の行動という弁護士さんもいます。
とにかく、出来る限り女性の近くに立たないという事を考えて電車に乗るようにすることが、痴漢に間違われないようにするもっとも有効的な対処法でしょう。